GIGABYTEマザーボードのQ-Flash Plusに助けられた話

こんにちは、kanatoです。

先日組んだPCですが、CPUとマザーボードの組み合わせが、第4世代RyzenとB550Mの組み合わせでした。

マニュアルを見ながら、娘ちゃんと一緒に一つ一つ組み上げていきました。そして、電源を入れてもブラックスクリーン・・・。なんの画面も映らない。

きちんと使えることを確認して購入したつもりだったのですが、そこに落とし穴が・・・。

マザーボードのBIOSアップデートが必要でした

実はB550MのマザーボードだとBIOSのバージョンによっては第3世代Ryzenまでしか対応していないことがあるとのこと。

そこは親切なPCパーツ屋さんならBIOS更新してくれているのですが、私が購入したマザーボードはBIOS更新されていなかったようです。

そんなことは露知らず、丁寧にCPUにグリスまで塗りたくってクーラーは設置しています。さて、困りました・・・。

解決策はQ-Flash Plus

そこでGoogle先生に解決策を聞いたところ、GIGABYTEのマザーボードには「Q-Flash Plus Update BIOS」という機能がついているというじゃないですか。CPUが要らずにマザーボードとUSBメモリーと電源だけでBIOSのアップデートができるとのこと、正直助かりました。普通なら、今つけている第4世代Ryzenを外して、第3世代以前のCPUを入手して・・・といった手順を踏む必要がありますので、これには本当に助かりました。

やり方は非常に簡単です。

  1. USBメモリにBIOSデータを保存する
  2. Q Flash Plashのボタンを押す

これだけです。詳細はこちらのウェブサイトさんを参考にさせていただきました。

多分、気を付けるところはダウンロードしたBIOSファイルをリネームしないといけないところくらいですね。

BIOSのファイルをUSBメモリー直下にコピーして、”gigabyte.bin”にリネームすれば、あとは所定の場所に差し込んで、ボタンを押すだけです。

ボタンを押すと写真のように(わかりにくいですね・・・。)オレンジ色に点滅します。こうなればBIOSアップデートがスタートです。10分もかからないくらいで終わりますので、待ちましょう。アップデートが終わったら勝手にBIOSが立ち上がりますので、それまでの辛抱です。結構気になってしまうんですよね。私はずっと見てました・・・。

これでめでたくBIOS更新完了。一度組んだクーラー周りを外すことなく、きちんとBIOS起動しました!!よかった、よかった。

最後に

ということで、今回はGIGABYTEさんのマザーボードのQ-FlashPlusに助けられたお話でした。

それにしても、組んだPCが動かないときの絶望感って半端ないですよね。きちんと動いてよかったです。本当に・・・。

最近のPCパーツはいろいろとサポート機能がついているみたいなので、とりあえず調べてみたら何とかなりそうですね。

ちなみに構成はこちらです。