まんがでわかる 最高の体調(鈴木 祐 著)

こんにちは、kanatoです。

本日も最近読んだ本をご紹介したいと思います。今回は「まんがでわかる 最高の体調」です。

まんがでわかる 最高の体調

私自身の話ですが、やはり現代病というか最近体調が優れません。というかスカッとしたことがないような気がします。そんな時に楽天koboで見つけたのが本書でした。

実は、もとになった著作をまだ読んでないのですが、著者の方は「鈴木 祐」さん(ドランクドラゴンと間違えそうになってしまいました)。何でも年間に5000本も科学論文を読んでいるという、文献オタクなんだそうです。むしろ、その文献を読む方法を教えてもらいたいくらいです。

さて、本書ですが、原著「最高の体調」をもとに、わかりやすくコミック化されています(マンガ担当は「ながみちながる」さん。少し前にスピリッツに読み切りが載っていた方ですね。)。マンガの間に文章での解説がありますが、すみません・・・それは全部すっ飛ばしました。しかし、マンガの方は絵もきれいですし、サラリーマンやOLさんには結構響くような内容になっているのではないでしょうか。また、マンガを読むだけでも、文明病と言われる体調不良の原因が何で、どうすればそれが改善できるのかが理解できると思います。

チャプターとしては、「食事」、「環境」、「睡眠」、「メンタル」、「仕事」、「人生」ときになるところはほぼすべて網羅されているのではないかと思います。基本的には原始的(パレオ)な生活をするといったところに論点が行くのですが、現代でもできることをうまくやる方法が解説されています。

ということで、活字を読むのはちょっと・・・という方は本書を読んで概要をつかんでいただき、内容をもって知りたいという方は原著の方に戻って読んでいただくのが良いように思いました。(もしかすると出版社の戦略に乗せられているのかもしれませんが・・・笑)

ということで、今回は「まんがでわかる 最高の体調」をご紹介しました。ちゃんと眠れていないと感じたり、おなかの調子がいつもわるい・・・そんな方はぜひ手に取ってみてください。本書を読めば、改善策がいくつか見つかると思います。