私のヘルスモニター:Withingsウォッチ&スケール

2020年3月24日

こんばんは、kanatoです。

少し前にスマートホームのSwitchbotをご紹介しましたので・・・というわけではないのですが、今回は私のスマートヘルスモニター群をご紹介したいと思います。長いものだともう3年以上使い続けているWithingsのウォッチ、体重計です。

Withings スマートウォッチ Activité Steel ブラック

まずは、「Withings スマートウォッチ Activité Steel ブラック」です。

最初に購入したWithings製品がこれでした。もう3年ほど前、2016年の末ごろだったかと思います。それ以降、お風呂に入るとき以外はずっとつけたままです。時々電池が切れたり、バンドが痛んで交換したりもしましたが、それ以外は何の不自由もなく、活動量と睡眠をモニタリングし続けてくれました。

データの取り出しは簡単で、スマホアプリと連携しておけば、Bluetoothですぐに同期できて、データを確認することができます。ちなみにデータは1週間分くらいはウォッチの中にためておけるみたいです。それ以降は古い物から削除されているようですね。

電池はこれまでに5回実施しています。5回目はついこの間なので、大体カタログスペックの8か月程度は持ってくれていた感じでしょうか。

デザインも結構気に入っていて、一見すると普通の腕時計にしか見えません。シンプルですし、バンドを替えれば、ビジネスでもカジュアルでも大丈夫そうです。私自身もスーツにこれをつけていったこともありますし、通常はラバーバンドですが、気になるようであれば革バンドに変えることも簡単にできます。バンドはAmazonでいろいろ売っていますし、カスタマイズはすごく簡単です。

あと、便利なのがアラームでしょうか。目覚まし時計機能なんですが、時間を設定しておくとその前後の眠りが浅くなった時間にバイブ機能で起こしてくれます。これですっきり目が覚めることが多くなった気がします。

本当は新しいモデルでプラス心拍数モニタリングが付いて、バッテリー内蔵のWithings Steel HR Sport ブラック」や「Withings スマートウォッチ Steel HR 40mm ブラック」を買おうと思っていたのですが、本機に愛着が湧いてしまったのと、結構安くて簡単に電池が交換ができてしまったので、壊れるまではこれを使い倒そうと決めています。

(なんかちょっと汚れたり、キズが入ったりしてますが、まだまだきちんと動きますよ)

Withings Body スマート体重計 ホワイト

次に購入したのが、スマート体重計の「Withings Body」です。

今のモデルとは少しデザインが変わってしまいましたね。どちらかというと「Withings Body+」に近いでしょうか。

脱衣所に置いておいて、お風呂に入る前に毎日載っています。体重を測ることはもちろんですが、過去数回からの推移やBMI、そしてなぜか明日の天気まで教えてくれます。過去の推移は結構重宝します。自身の食生活やダイエットなどを見直すきっかけになりそうです。そして、体重が減っていたら、ちょっと嬉しかったりとモチベーションが上がるように思います。

さらに、イベントごとではちゃんと(?)お祝いしてくれたりします。年明け最初に測定するとHappy New Yearとか、誕生日にはHappy Birthdayとか表示されてくれます。地味にうれしかったりします。

本機は電池式(単4電池4本)ですが、それなりに持つ印象があります。ここ2、3年であまり変えた記憶はないですね。

データの取り出しはウォッチよりも楽で、設定の時のみBluetooth接続ですが、自宅のWi-fiにつないでおくと、自動でWithingsのアプリにアップロードしてくれます。

これも壊れる気配が全くないので、まだまだ使い倒せそうです。ちなみに妻や娘が体重を測るともれなく私のアプリにデータが飛んでくるので、ちょっと警戒されているみたいです・・・(笑)

(結構使っていますが、まだピカピカで壊れる気配も全くありません。)

Withingsのスマホアプリ「Health Mate」

これらのデバイスを利用するときに合わせて利用するのがスマホアプリの「Health Mate」です。

アカウントの登録が必要ですが、結構見やすくて使いやすいです。感覚的に操作できるというか・・・。あと、スマホのカメラで心拍数の測定ができたり、血圧や食事の記録なども手入力ですが、一緒に記録できるようになっています。

例えば、私の記録がこんな感じです。

歩数計と活動時間、睡眠、そして、体重と一通りの記録が付けられます。

これを自分で記録しようとするとかなり面倒くさいですが、ほとんど自動で記録できるので面倒くさがりの私でも記録忘れはありません。あと、日曜日には前週のまとめみたいなものもレポートしてくれるので、傾向を追ったりするのも楽です。ちなみにこれらのデータはWithingsのクラウドに保管されているようで、Withingsのウェブサイトからも確認ができます。長期間のデータを確認するときはPCで確認したいですね。

最後に

ということで、今回はWithingsのスマートウォッチとスマート体重計をご紹介しました。

多分、今から購入するとなると、Withings Steel HR Sport ブラック」か「Withings スマートウォッチ Steel HR 40mm ブラック」に加えて、「Withings Body+」ですね。

そういえば、Withingsって一時期Nokiaに買収されていましたよね。それを創業者が買い戻して、いつの間にか元のWithingsに戻っていました。withings⇒Nokia⇒withingsと変遷してきましたが、変わらずwithingsの製品は性能もデザインも良いように思います。最近は高級時計に使われるようなサファイアガラスを使用したモデル「Withings Steel HRサファイアシグネチャー」なども発売されており、機能性とデザイン性を両立したスマートウォッチとしては随一ではないかと思っています。

あとは、海外で発売されているスマート血圧計が早く日本で発売されることを切望しています。