母の日のプレゼントをamazonタイムセールで

2019年5月1日

こんばんは、kanatoです。

今、Amazonさんではタイムセール祭りをされていますね。

私自身もベアボーンPCを買おうと思っていたら、妻に強硬に止められてしまいました。今回はいったんお預けになります・・・残念。

その代わり、母の日のプレゼント購入ということで参戦することにしました。

特にタイムセール品を狙うというよりは、同時に開催されているポイントアップキャンペーン狙いです。

最大10%まで還元されるということでしたので、もちろん最大値を狙っていきます。

ちなみに母の日用にまず購入したのはこちらです。

こちらは義母(妻の母)用です。義父もめでたく退職されたので、いっしょに飲んでくれると思います。

【WEB限定】ザ・プレミアム・モルツ スペシャルサンクス缶入りオリジナルアソートギフト BPR8ZA [ 350ml×8本 ] [ギフトBox入り]

特選タイムセール品で¥1,786 (¥ 223 / 本)はなかなかコスパがいいのではないでしょうか?

特に缶にも花柄がプリントされているのもいいですね。中身だけ渡しても、様になる感じがします。

小分けにして、配ってもいいですし、色々と使えそうですね。

 

商品紹介

■圧倒的なこだわりと情熱の「ザ・プレミアム・モルツ」

2017年3月、サントリーのプレミアムビール「ザ・プレミアム・モルツ」は、その個性と強みをより強化。
「同 マスターズドリーム」の開発で磨かれたサントリービールの技術を還元し、飲みはじめから飲み終わりに至るまで、圧倒的なおいしさにこだわった中味へ進化しました。

グラスに注ぐと立ち昇る華やかな香り、口に含んだ時の深いコクと上質な旨み、飲んだ後に戻り返る華やかな香りを実現。

ロゴを大きく見せ書体を新たにすることで華やかさや躍動感を表現し、落ち着いたトーンの金色を採用することで本格で上質なイメージを強化しました。

■一切の妥協をしない、手間ひまを惜しまないビールづくり

世界最高品質を目指す「ザ・プレミアム・モルツ」は、効率よりもうまさを優先し、手間ひまを惜しまない醸造家の情熱によってつくられます。

【素材へのこだわり】

・流通効率性よりも天然水立地の工場にこだわった「天然水醸造」
・本場欧州でも効率性の悪さから使用が減っている「ダイヤモンド麦芽」の使用
・最高級「欧州産アロマホップ」の安定供給のために現地チェコの農家を支援。日本への低温輸送の徹底

【製法へのこだわり】

・仕込み槽から仕込み釜に麦汁を分け、2回煮沸する「ダブルデコクション製法」でうまさを追求
・ホップを2回に分けて投入する「アロマリッチホッピング製法」でうまさを追求"

原材料・成分

麦芽、ホップ

Amazon.co.jpから引用)

似たところだと、こんなのもありますね。

【Amazon.co.jp限定】 母の日ギフト ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム 3種 母の日 オリジナルデザイン [ 305mlx4本 ] [ギフトBox入り]

こちらも特選タイムセール品で¥ 1,598 (¥ 400 / 本)でした。

こちらは昨年の母の日プレゼントに浸かってしまいましたので、今回は見送りです。

演出が少し派手で良いと思います。サプライズにもなりますし。昨年はきちんとびっくりしてもらいました。

 

商品紹介

箱を開くと、母の日にぴったりなカーネーションをモチーフとした装飾が飛び出します。
母の日のお祝いシーンを華やかに彩ります。フラワーギフトとご一緒にどうぞ。
WEB限定販売のオリジナルセットです。

■マスターズドリームは、母の日のギフトにぴったりなビール
「ザ・プレミアム・モルツ マスターズドリーム」は“サントリーの醸造家のこだわり・想い"が込められた夢のビールです。
まだ世界のどこにもない、心が震えるほどにうまいビールをつくること。
サントリーがビール事業に参入した当初から、醸造家たちがいつか実現したいと願い続けたその想いは半世紀以上受け継がれ、そして結実しました。
「ダイヤモンド麦芽」をはじめとするザ・プレミアム・モルツブランドの素材へのこだわりに加え、その素材の魅力を徹底的に引き出すサントリー独自の新技術と製法。
「深いコク」「柔らかな苦み」「ほのかな甘み」「心地よい香り」が折り重なる“多重奏で、濃密"な味わいを実現しました。

原材料・成分

麦芽、ホップ

Amazon.co.jpから引用)

さいごに

ということで、ざっくりですが、Amazonで母の日プレゼントを選んでみました。残念ながら、2つともお酒という・・・。実母の分はアルコール以外を選ばないといけないので、明日まで考えて、滑り込もうかと思います。

母の日までは少し時間がありますが、お得な時期に早めの準備はいかがでしょうか?

雑記

Posted by kanato