カルト宗教信じてました。 (たもさん 著)

こんばんは、kanatoです。

本日も最近読んだ書籍をご紹介したいと思います。

今回は「カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由(たもさん 著)」です。

カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由(たもさん 著)

私自身は完全なる無宗教で、神様というと物語的に読むだけなのですが、身近にもエホバさん(なんか、エホバの証人の方々を我が家では「エホバさん」と呼んでいます。)がいますが、そんなにカルト宗教的な感じはないような・・・気がします。実際、お食事会に招かれたりしたこともありますし、皆さん物腰柔らかで悪い印象は受けたことないです。ちょっと普通に生きていくのはつらそうかもしれません。

本作ではエホバさん2世の作者さんがエホバの証人になってから抜けるまでのお話が結構ぶっちゃけ話を含めて書かれています。コミックなので読みやすいですし、イメージが湧きやすいのかなと思います。ただ、私自身はそこまでエホバさんに悪い印象がないので、こういう感じ方をされる方もいるんだなぁ・・・といった感想を持ちました。

エホバさんは専業主婦の方が入信しやすいようですね。エホバさんは駅によく立ってますし、そこそこの頻度でお家に布教にやってきます。そんな感じでお昼に少し寂しそうにしている主婦さんが多く入信されているような気がします。案の定、本作のお母さんも入信されてましたし。

ちなみにエホバさんの教典は聖書ですが、新約でも旧約でもなく「新世界約」だそうです。ちょっとエヴァっぽいというか・・・(内容はちゃんと聖書です)。

ちなみにエホバさんのお子さんは基本エホバさんになるのかな?品行方正なイメージがありますが、クリスマスや誕生日のお祝いはできませんし、学校行事などもお休みするなど、大変だそうです。ちなみに、バトル系のゲームなんかもダメらしいです。外から見ただけなので、本当は本人はつらいのかもしれません。

商品の説明

内容紹介

部活も自由にできない、希望する進路にも進めない、彼氏も作れない…そんな制限だらけの日々に耐えてきたけれど、息子の病気治療をきっかけに、宗教をやめました!
エホバ2世の著者が明かす、カルト宗教の世界と洗脳がとけるまで…

著者について

10歳の時に母親に連れられてカルト宗教に入信。進学や夢、友人関係など、多くのものを宗教による制限のために諦めてきたが、息子の病をきっかけにカルト宗教への違和感を強め35歳の時に脱退。その後アメーバブログ「たもさんのカルトざんまい」やTwitterなどで細々と活動中。

最後に

ということで、今回は「カルト宗教信じてました。 「エホバの証人2世」の私が25年間の信仰を捨てた理由(たもさん 著)」をご紹介しました。というか、私自身のエホバさんの印象をご紹介するだけになってしまいましたが・・・。

本書はkindleの日替わりセールで購入したのですが、この日は宗教色が強い日でした。大体3冊がセールになりますが、この本ともう一冊が「仁義なきキリスト教史」でしたから・・・

ちなみに、私の知り合いのエホバさんは生活はそこまで裕福ではなさそうですが、色々な面で充実していそうに見えます。