2020年6月30日にまたここで会おう(瀧本哲史 著)

こんにちは、kanatoです。

今月、体調不良でお休みしていたときに読んだ本です。

2020年6月30日にまたここで会おう 瀧本哲史伝説の東大講義

2012年6月30日に行われた実際の講義の文字起こしして書籍化したものです。なので、口語体で書かれていて読みやすいですし、質疑応答などももれなく収載されていて、まるでその場にいるような感覚で一気に読みすすめることができました。もしかするとこれを一気読みしたせいで体調が更に悪くなったのかもしれませんが・・・(笑)

もう、8年も前の講義の内容ですが、今出版されても色褪せていない内容です。やはり本質をついているというか、未来を、先を見据えていたというか、瀧本さんの凄さを感じさせてくれます。私自身、氏の作品はこれまで読んだことなかったと思いますが、別の著作も読んでみたくなる内容でした。

本書は6部構成で、それぞれで武器を手に入れていく内容になっています。いわば氏の作品の総集編のような位置づけでしょうか。例えば、「奴隷でも、猿でもなく「人間」になろう」であるとか「弱者こそ「交渉」という武器を持とう」、「パラダイムシフトとは「世代交代」だ」等など、なかなかにインパクトの強い言葉がつむがれています。これだけでも興味が出てきてしまいますね。

「君たちは、自分の力で、世の中を変えていけ!
僕は日本の未来に期待している。支援は惜しまない」

2019年8月に、病のため夭逝した瀧本哲史さん。ずっと若者世代である「君たち」に向けてメッセージを送り続けてきた彼の思想を凝縮した"伝説の東大講義"を、ここに一冊の本として完全収録する。スタジオ収録盤にはないライブ盤のように、生前の瀧本さんの生の声と熱量の大きさ、そしてその普遍的なメッセージを、リアルに感じてもらえると思う。さあ、チャイムは鳴った。さっそく講義を始めよう。瀧本さんが未来に向けて飛ばす「檄」を受け取った君たちは、これから何を学び、どう生きるべきか。この講義は、君たちへの一つの問いかけでもある。

目 次

第一檄 人のふりした猿にはなるな
第二檄 最重要の学問は「言葉」である
第三檄 世界を変える「学派」をつくれ
第四檄 交渉は「情報戦」
第五檄 人生は「3勝97敗」のゲームだ
第六檄 よき航海をゆけ

あとがきにかえて(星海社新書初代編集長 柿内芳文)
瀧本哲史全著作紹介

最後に

瀧本さんはすでにお亡くなりになられていて、2020年6月30日に集まることはできなかったのですが、その日にはなにかイベントが催されていたようですね。

本書は瀧本さんから若い世代に向けたメッセージだったと思いますが、その方々も20代後半から30代になり、なにか変わっているのでしょうか。瀧本さんが2020年6月30日に生きていたらなんて言うのでしょうか?やっぱり瀧本節で激が飛んでくるんでしょうね。

Posted by kanato